男性の喪服のマナー

葬儀の時の男性の服装は、通夜はダークスーツ、告別式は略式礼装(いわゆる喪服)で良いというのが一般的ですが、マナーの本などをみるともっと細かく書いてあります。
通夜の服装は濃紺やグレーなどの地味なスーツと黒いネクタイ着用で構わないようですが、急でない場合は略式礼装のブラックスーツがいいようです。正式礼装を持っていたとしても、遺族が略式礼装の場合もあるので、敢えて着ないのがマナーだそうです。また、ダークスーツで地味なネクタイでもいいのですが、黒いネクタイがない場合はノーネクタイのほうが失礼にならないという説もあるようですが、これは本当でしょうか?黒いネクタイでも光沢のあるものは避けたほうがよさそうです。百均などで売っている黒ネクタイは光沢がある上にペラペラなので、やはり避けた方がよさそうです。
ダークスーツに黒い腕章を巻いて、喪服の代用にしようとする人がいますが、腕章は遺族がつけるものなので、マナー違反です。通夜の際に喪服が用意できないときは、ダークスーツで、可能な限り黒ネクタイを用意して行くのがいいということのようです。
告別式に参列する場合は、通夜よりも時間的余裕があるので、必ず喪服を着用していきます。白ワイシャツに黒ネクタイ、黒靴下に黒い靴を身につければOKです。ネクタイピンや胸ポケットのハンカチは要りません。装飾品も結婚指輪くらいで、金ピカの時計や靴に金具の装飾があるものは避けた方がいいようです。
故人を弔う気持ちがあれば、服装などどうでもいいような気もしますが、マナーを知らないというのは礼儀に欠けるので、最低限のルールは知っておいた方がいいのだと思います。


Comments are closed.